時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

縮小まちづくり

成功と失敗の分かれ目

米山 秀隆 (著) 


定価:2400円+税 A5判 208ページ
発行年月:2018年4月
ISBN:978-4-7887-1547-9

ジャンル
  • 地方自治
書籍紹介

消滅自治体にならないための唯一の方策は「縮小まちづくり」

縮小まちづくりとは、地域の魅力を高め、活力を維持する「エリアマネジメント」に取り組みながら、「コンパクトシティ」を作ること。その上で、来て欲しい人材を明確にして、マネーを呼び込み、地元でうまく回しながら、魅力ある、活気に満ちたまちづくりをするアイデアと方法。

成功と失敗 その分かれ目は何か
×他人任せで、住民の管理意識がない住宅地
×行政のトップダウンで導入した現実にそぐわない地域通貨
〇市民が手を挙げて運営に関わる「コミュニティバス」
〇芸術家、職人、1人親家庭など、来て欲しい人を絞りこんだ募集


【本書内容より】
 人口減少が本格化する中、まちづくりの面では、これまで広げてきたまちのコンパクト化がより一層求められるようになっている。人口増加時代に広げたまちの全域を維持するためには、インフラや公共施設の維持更新費の負担が重くなりすぎている。薄く広がったまちは、住民、特に、高齢者にとって暮らしづらい。

さらに人口減少時代において、まちを持続していくために、いかにマネーや人材を呼び込むかが課題である。マネー呼び込みの仕掛けについては、かつてブームとなった地域通貨が、新たな装いをまとって再活性化する兆しが現れつつある。呼び込む人材は、人口減少時代では自治体間で奪い合いとなりがちだが、必要とされる人材のターゲットを絞って移住を呼び掛けて、成功する例も出てきている。

本書では、以上述べてきた縮小まちづくりの戦略について、先進的な事例を取り上げ、それがどのような背景で現れ、また、なぜ成功するに至ったのかについて分析していく。同時に、事例の体系化を図ることで、どのような局面や条件の下で、有効な方策になり得るかを整理する。こうしたことで、人口減少時代にまちが生き残るための、有効な処方箋を提示することを目的としている。
(はじめにより抜粋)

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

米山 秀隆

富士通総研主席研究員。
1986年筑波大学第三学群社会工学類卒業。89年筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了。野村総合研究所、富士総合研究所を経て富士通総研入社。専門は住宅・土地政策、日本経済。著書に『限界マンション』(日本経済新聞出版社 2015年)、『空き家急増の真実』(日本経済新聞出版社 2012年)等。近年は空き家問題の分析で名をはせる。