時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

番号制度の導入を踏まえた地方自治体の個人データの利用と保護対策のあり方

行政サービスの個人データの利用実態である世帯単位に着目して

瀧口 樹良 (著) 


定価:2800円+税 A5判 250ページ
発行年月:2018年6月
ISBN:978-4-7887-1580-6

ジャンル
  • 地方自治
書籍紹介

地方自治体の番号制度の活用に立ちはだかる「世帯」と「個人」 相反する2つのデータの取り扱いを如何に克服すべきか…

行政における個人データの流出等の問題が懸念されている。個人データの保護対策に対しては、日本国憲法では個人の尊重を規定し、個人情報保護法制においても個人の権利利益の保護が目的とされ、手続的に保障されている。
一方、地方自治体の行政サービスにおいては、社会保障の給付サービスを中心に「世帯」単位で提供されるものが多く、結果として住民の個人データも「世帯」単位で利用されている。例えば、個人の権利として保障されている選挙に関する「投票所入場整理券」ですら世帯単位で一括郵送されているのが実態であり、この面での検討は、ほとんど行われていない。
本書では、こうした地方自治体の個人データの利用実態に着目し、世帯単位という行政サービスの原則と個人単位という個人情報保護法制の原則との齟齬や問題点を、地方自治体の行政の実務に即して具体的に把握し、両者を調和させるべく「地方自治体における住民の個人データの利用と保護のあり方」について考察する。


【本書目次】
序 章 問題設定と全体構成
第1章 地方自治体における住民の個人データの利用方法
第2章 「世帯」の概念と課題
第3章 各制度における「世帯」概念の沿革と範囲
第4章 地方自治体における「世帯」単位の個人データの利用実態と実例
第5章 地方自治体における個人情報の保護対策の実態と課題
第6章 地方自治体の個人データの利用と保護対策のあり方
補 章 韓国における個人データの保護対策

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

瀧口 樹良