時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

改訂新版 緑内障の最新治療

これで失明は防げる

平松 類 (著) 植田 俊彦 (監修) 


定価:1500円+税 四六判 200ページ
発行年月:2018年7月
ISBN:978-4-7887-1581-3

ジャンル
  • 家庭医学・専門医学
書籍紹介

新しい目薬、手術なども盛り込み、内容を充実 最新治療を、より「最新」に。

人間ドックや検診で再検査や
「視神経乳頭陥凹」といわれたあなた!

「緑内障の疑い」か「緑内障になりやすい状態」です。

緑内障は失明原因1位の怖い病気。
絶対に放置してはいけません。
この本を読み、最新の知識と治療で失明を防ぎましょう。


【新しく加わった内容】
☝ 新しい目薬(タプコム、ミケルナ、これから期待されるRhoキナーゼ阻害薬)
☝ 新しい手術MIGS(低侵襲緑内障手術)
☝ 緑内障がある人の白内障手術
☝ 眼底検査で「視神経乳頭陥凹(視神経乳頭陥凹拡大)」と言われたら
☝ 緑内障の最新サプリメント
☝ 緑内障の新しい検査(OCT、PPG)

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様