時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

豚インフルエンザ事件と政策決断

1976起きなかった大流行(パンデミック)

リチャード・E・ニュースタット (著) ハーヴェイ・V・ファインバーグ (著) 西村 秀一 (訳) 


定価:3800円+税 A5判 456ページ
発行年月:2009年10月
ISBN:978-4-7887-0969-0

ジャンル
  • 政治・国際
  • 社会・歴史
  • 家庭医学・専門医学
書籍紹介

1976年、合衆国政府は豚インフルエンザ対策として、大規模ワクチン接種に着手。その具体的な教訓に満ちた公的政策の意志決定過程を徹底研究する。

「私たちはパンデミックと闘うのではない。この社会と闘っているのだ。
すべてが限られた状況で専門家はいかに判断し、政策者は何を決断すべきなのか。
圧倒的な読後感の向こうに、私たちは未来への手がかりを確かにつかむ。」
  ―瀬名秀明(作家)

【主な内容】
第1部 オリジナル・レポート
 第1章 インフルエンザ新種出現
 第2章 センサーの決意
 第3章 クーパーの支持
 第4章 フォード大統領の決断
 第5章 組織立ち上げ
 第6章 野外試験
 第7章 法的責任問題
 第8章 立法措置
 第9章 開始、そして中止
 第10章 カリファノ登場
 第11章 遺産
 第12章 教訓を踏まえて
 第13章 専門的あとがき

第2部 豚インフルエンザの後に、そして将来に向けて
 第14章 その後の展開
 第15章 教訓のつかいみち ―授業の題材として
 第16章 長官からの請負としての論評

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様