時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

うつ病診療最前線

―再発させない治療法

唐渡 雅行 (著) 


定価:1400円+税 四六判 200ページ
発行年月:2010年2月
ISBN:978-4-7887-0981-2

ジャンル
  • 家庭医学・専門医学
書籍紹介

内科・精神科・心療内科の専門医資格を併せ持ち、患者を心身両面から診る「全人的医療」を実践している著者が、うつ病治療の新しい試みや、再発をおさえる支援プログラムについて、わかりやすく紹介。

【目次】
はじめに

序章:がん専門医から精神科専門医になった理由

第1章:現代うつ病診療の現状
 1.現代うつ病の特徴
 2.認知療法普及の重要性
 3.企業のメンタルヘルスケア問題
 4.復職支援プログラム

第2章:現代のうつ病の診断
 1.2つのうつ病
 2.非定型うつ秒
 3.双極性障害(躁うつ病)
 4.新型うつ病と軽症うつ病
 5.難治性うつ病・治療抵抗性うつ病
 6.現代のうつ病の診断

第3章:現代のうつ病の治療
 1.薬物療法
 2.代替療法―統合医療という考え方
 3.認知行動療法
 4.アサーション
 5.キャリアカウンセリング

第4章:うつ病の復職支援プログラム(リワークプログラム)
 1.早期復帰の為か、再発予防の為か
 2.職場復帰時(後)のストレスマネジメント
   ―アフターリワークの試み

おわりに
 うつ病で苦しむ患者さんへのメッセージ―より良い医療を願って

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

唐渡 雅行