時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

長崎・そのときの被爆少女

六五年目の『雅子斃(たお)れず』 電子書籍

横手 一彦 (編著) 


定価:1600円+税 四六判 260ページ
発行年月:2010年7月
ISBN:978-4-7887-1070-2

ジャンル
  • 社会・歴史
  • ノンフィクション
書籍紹介

1945年8月9日、長崎原爆投下。

●「雅子斃(たお)れず」とは・・・
爆心地にあった三菱長崎兵器製作所で被爆した14歳の少女・石田雅子が、福岡九大病院の病床で書いた体験記を、兄・穰一が幼少の頃からつくっていた「石田新聞」という家族新聞へ連載したもの。なお、この体験記は、被爆体験を最も早くに記録した手記とされている。
後に、父・壽はこの体験記を出版しようするが、そこにGHQ検閲が立ちはだかった。父は合法的範囲内でこの制度と闘い、長崎版、次いで東京版を出版。

本書は、散逸したと思われた草稿や少女の自筆の被爆挿画、未公開被爆写真などの資料も多数掲載し、長崎原爆を14歳の少女の一体験記から問い直す。

【目次】
第1部 原爆投下、そのときの長崎
 ・よみがえる『雅子斃れず』
 ・資料提供について

第2部 六五年目の『雅子斃れず』
 ・『雅子斃れず』
 ・本文復元にあたり
 ・『強き父性愛』

第3部 『雅子斃れず』の周辺
 ・このごろ
 ・あの日から1年―に奇異?より
 ・永井隆博士を訪ねて
 ・深堀少年と平さん
 ・天地桃色に閃く
 ・夏草
 ・原爆の日に憶う
 ・平和な朝に想う
 ・父のことば
 ・永井博士より著者への手紙
 ・序にかえて

解説と資料

電子書籍版はこちら

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

横手 一彦