時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

住民幸福度に基づく都市の実力評価

GDP志向型モデルから市民の等身大ハッピネス(NPH)へ

上山 信一 (監修) 玉村 雅敏 (監修) 千田 俊樹 (編著) 


定価:2500円+税 四六判 248ページ
発行年月:2012年3月
ISBN:978-4-7887-1175-4

ジャンル
  • 地方自治
書籍紹介

経済成長で「幸せ」になれるのか?

これからの地域経営、都市政策では「拡大成長」よりも
「住民の一人ひとりの幸せ」を考えるべきだ。
本書は「幸せ」の意味を問い直し、幸福度の指標と
それを策定する現状分析の手法を詳述する。


【主な内容】
第1部 都市の実力評価の視点
 第1章 変わる評価の「ものさし」
 第2章 新たな評価の枠組み?GDPからNPHへ

第2部
 第3章 NPHから新潟市の実力を評価する
 第4章 「社会とつながり」を点検する
 第5章 「環境・アメニティ」を点検する
 第6章 「雇用・所得」を支える地域産業を点検する

第3部
 第7章 自治体シンクタンクの意義と役割

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様