時事通信出版局

書籍詳細

「憲法」改正と改悪

憲法が機能していない日本は危ない

小林 節 (著) 


定価:1300円+税 四六判 192ページ
発行年月:2012年4月
ISBN:978-4-7887-1179-2

ジャンル
  • 政治・国際
書籍紹介

憲法は私たちの生活の全てを守ってくれているもの。 蔑ろにされたら危ない……

「この1冊で憲法と改憲論議の全てがわかる」
――あらゆる改憲論議に深くかかわってきた論者による憲法指南書。
「『自分の生活に憲法なんか関係ない』と思っている人が
ほとんどだが、実は、私たちの生活の全ては憲法によって
守られているということを知るべきである」と著者は訴える。
そして、私たちが幸福に暮らすためにも、現行憲法はそろそろ
メンテナンスが必要な時期に差し掛かっているという。
それはなぜなのか。どう改正すべきなのか。
小林氏らしい筋の通った明快な改憲論を集約した待望の一冊だ。
「憲法改正とは、国家の主である主権者国民が幸福に生き続けていくために、
国家を正しく運用させていくための調整なのだ」(本文引用)

目次
はじめに
第1章 憲法を「知る」
第2章 「改憲」の論点1―前文・天皇制・9 条
第3章 「改憲」の論点2―国民の権利と義務
第4章 「改憲」の論点3―統治部門
第5章 「改正」と「改悪」

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

小林 節

慶應義塾大学法学部教授(法学研究科兼務)、学校法人日本体育大学理事、日体桜華高等学校学校長、弁護士。法学博士、名誉博士(オトゥゴンテンゲル大学<モンゴル>)。1949 年東京都生まれ。1977 年慶大大学院法学研究科博士課程修了。ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、1989 年に慶大教授に就任。その後、北京大学招聘教授、ハーバード大学ケネディ・スクール・オヴ・ガヴァメント研究員等を兼務。