時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

幸せへの近道

チベット人の嫁から見た日本と故郷

バイマーヤンジン (著) 


定価:1400円+税 四六判 204ページ
発行年月:2014年11月
ISBN:978-4-7887-1381-9

ジャンル
  • 文学・エッセイ
書籍紹介

チベットの遊牧民の家に生まれ、
いま、日本で歌手としてステージに立つかたわら
故郷の村々に学校をつくり続ける。

来日20年、日本でただ一人のチベット人歌手として、
全国でコンサート活動を行うバイマーヤンジンさん。

彼女は遊牧民の11人きょうだいの9番目に生まれました。
家族の理解と村の人たちの支えによって貧苦を乗り越え、高校、大学と
何千倍もの狭き門を突破、ついに中国国立四川音楽大学に合格します。
それは両親が字を読めずに悔しい思いをし、何としても子どもたちには
教育を受けさせようと決意したことで開けた道でした。

本書は、故郷チベットに「教育」という恩返しを続ける彼女の半生記を中心に、
「チベットと日本――異文化理解」という視点を交えて、日本の読者に
「人間はなぜ学ばなければならないのか」「教育とは何か」を問いかけます。

さらに、「日本人のすばらしさに気づいて、自信を持って生きていって」という
熱いメッセージを送ります。


【本書もくじ】
はじめに
1.私の生まれ育った故郷チベットと家族
2.高校へ進学し音楽大学を目指す
3.いじめに遭った大学時代
4.夫と出会い日本行きを決心
5.驚くことだらけの日本での暮らし
6.日本の不思議の秘密は「教育」と「頑張る力」
7.チベットに学校をつくろう
8.東日本大震災の被災地支援で学んだこと
あとがき

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

バイマーヤンジン

チベット出身。声楽家・講演講師・社会教育家。
名前はチベット語で「ハスの花にのった音楽の神様」を意味する。中国国立四川音楽大学声楽学部を卒業後、同校専任講師として5年間教壇に立ち、1994年に来日。チベットの音楽や文化を紹介するため、日本全国はもちろん、アメリカ、ヨーロッパなど海外でもコンサートを行う。
また、ユーモアたっぷりの語り口で、日本とチベットの文化の違い、家族のあり方、教育、幸せなどについて論じる講演も多くの人々の感動と共感を呼び、教育関係、企業、学校など各方面からも高い評価を得、テレビ、ラジオでたびたび紹介される。
「チベットに学校を!」と1997年から始めたチベットの子どもたちへの教育支援、学校建設活動も大きな成果を上げ、現在では、小学校9校、中学校1校が開校、3000人以上の子どもたちが学んでいる。
〈主な経歴〉
1999年ニューヨーク国連本部にてコンサート、2001年大阪市より社会で活躍する女性に与えられる「きらめき賞」を受賞、03年チベット自治区より「愛心大使」の称号を授与、04年NHK主催、作曲家宮川彬良総指揮「アジアハートフルコンサート」に出演、06年広島国際平和会議にてノーベル平和賞受賞者に歌を捧げる、07年拓殖大学客員教授に就任、09年新潟県長岡市より教育分野で人材育成に大きな成果をあげた人に与えられる「米百俵賞」を受賞、12年イギリスにて講演、13年ロサンゼルスにてコンサート、ニューヨークにて講演、14年来日20周年を記念した全国コンサートツアーを行う。