時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

公民連携白書2014-2015

自治体財政の未来

東洋大学PPP研究センター (編著) 


定価:2500円+税 B5判 178ページ
発行年月:2014年12月
ISBN:978-4-7887-1393-2

ジャンル
  • 地方自治
書籍紹介

私 たちは、先輩から、豊かなインフラと健全な財政を受け継ぎながら、子どもたちには、老朽化したインフラと破たん寸前の財政を残そうとしているのである。PPPはこの矛盾を解決するための有用な手法である。

「インフラ老朽化や人口の高齢化という構造問題は景気循環とは別に
否応なしに襲ってくる。地域経営者の哲学が問われる」
―――東洋大学総長 塩川正十郎


【本書内容】
第Ⅰ部 公民連携の動き 2014~2015年
 序 章 公共施設等綜合管理計画とシティ・マネジメント
 第1章 公民連携の動き(公共サービス型)
 第2章 公民連携の動き(公共資産活用型)
 第3章 公民連携の動き(規制・誘導型)
 第4章 公民連携を取り巻く環境

第Ⅱ部 公民連携トピックス「自治体財政の未来」
 第1章 デトロイト市の破産申請と財政再建の行方
 第2章 国、地方の財政健全化の可能性
 第3章 わが国における自治体破たん法制の動き
 第4章 自治体財政破たんによる
     公共サービス、都市への影響
 第5章 大阪「うめきた地区」の
     まちづくりと大阪版BIDの取り組み
 第6章 アジア新興国で地域開発を実現するPPPの可能性
     ―フィリピン・ミンダナオ島での事例から―

第Ⅲ部 公民連携キーワード解説

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

東洋大学PPP研究センター