時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

銀座ミツバチ物語 Part2

北へ南へ。西へ東へ。地域おこしの輪が広がる

田中 淳夫 (著) 


定価:1600円+税 四六判 223ページ
発行年月:2015年6月
ISBN:978-4-7887-1415-1

ジャンル
  • 社会・歴史
  • 地方自治
書籍紹介

何てこった! 銀座の天空に
世界最先端の「里山」が出現している!!
―『里山資本主義』藻谷浩介氏も大絶賛!!

銀座の屋上で小さな実験がはじまってから10年。
全国の地域おこしに取り組む人たちに
深く広がった、みつばちが結ぶ絆。

【本書内容】
プロローグ―遊び心で始めた“てんやわんや”の銀座ミツバチ
第一章 銀座は世界最先端の「里山」だ

第二章 銀ぱちは地域おこしの震源地

第三章 急速に広がるミツバチプロジェクト

第四章 銀ぱちが結ぶ絆とソフトパワー

エピローグ―10年後、小さな町の夢が広がる

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

田中 淳夫

1957年東京生まれ。
1979年(株)紙パルプ会館に入社。
現在、(株)紙パルプ会館専務取締役。
2006年3月「銀座ミツバチプロジェクト」を高安和夫氏と共同で立ち上げ。
2007年特定非営利活動法人の認証を受け、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト副理事長。2010年農業生産法人(株)銀座ミツバチ代表に就任。