時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

公民連携白書2015-2016

人口減少対策

東洋大学PPP研究センター (編著) 


定価:2500円+税 B5判 194ページ
発行年月:2015年12月
ISBN:978-4-7887-1442-7

ジャンル
  • 地方自治
書籍紹介

人口減少社会は確実に到来する

日本にとって人口減少は大きな構造変化であるが、
従来の発想にとらわれない大胆な改革を行う好機もある。
今こそ公民が連携して困難な問題に立ち向かうビジョンを
打ち出し、対策を進めるべきだ。

【本書内容】
第Ⅰ部 特集・人口減少対策
 第1章 人口減少と地域経営
 第2章 人口減少化における経済対策の影響について
 第3章 地方創生に挑む――人口減少と少子高齢化を乗り越えて
 第4章 人口減少時代の土木インフラの管理は「π型管理」で
 第5章 人口減少と建築
 第6章 高齢化、人口減少と空き家対策

第Ⅱ部 公民連携の動き 2015年?2016年
 序 章 近年のPPP政策の展開
 第1章 公民連携の動き(公共サービス型)
 第2章 公民連携の動き(公共資産活用型)
 第3章 公民連携の動き(規制・誘導型)
 第4章 公民連携を取り巻く環境

第Ⅲ部 公民連携キーワード解説

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

東洋大学PPP研究センター