時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

楽器万華鏡

世界の美しき音の器たち

武蔵野音楽大学楽器博物館 (編) 


定価:2000円+税 四六判 208ページ
発行年月:2016年5月
ISBN:978-4-7887-1418-2

ジャンル
  • 写真集・芸術
書籍紹介

古今東西の楽器がこの1冊に!

日本初の楽器博物館として、世界中から集められた5000点を超える
膨大な楽器を所蔵する武蔵野音楽大学楽器博物館。
世界に一台しかないピアノから、西洋音楽の歴史を辿ることができる
弦楽器や管楽器のコレクション、貴重な邦楽器の名品、原始的な民族楽器まで、
選りすぐりの183点を一挙大公開。

《掲載楽器例》
◯世界に1台!ナポレオン3世が所有した「ナポレオン帽子形ピアノ」
◯作曲家シューマンの妻、クララ・シューマンが所有奏した「クララのピアノ」
ほか


【主な内容】
第1章 鍵盤楽器
第2章 弦楽器
第3章 管打楽器
第4章 民族楽器
第5章 日本の楽器
第6章 装置・器具類

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

武蔵野音楽大学楽器博物館

1953年から世界各地の楽器資料を収集し、展示・保管してきた武蔵野音楽大学。1967年、邦楽器研究家の故水野佐平氏から貴重な邦楽器コレクションが寄贈されたのを機に、本邦初の「楽器博物館」として開館した。1978年には入間キャンパスに楽器博物館を、1993年にはパルナソス多摩に楽器展示室を開設し、現在にいたる。主な所蔵楽器には、ナポレオン3世が所有したナポレオン帽子形ピアノ、作曲家シューマンの妻クララ・シューマンが愛用したグランドピアノ、ヴァイオリンの名器群や木管楽器の体系的コレクションなど、西洋クラシック楽器の数々の貴重な資料のほか、わが国が誇る邦楽器の名品コレクション、世界各地の民族楽器などがある。2018年には江古田キャンパス楽器博物館がリニューアルオープンを予定。