時事通信出版局

書籍詳細

イメージを拡大

銀座の流儀

「クラブ稲葉」ママの心得帖

白坂 亜紀 (著) 


定価:1300円+税 四六判 202ページ
発行年月:2017年3月
ISBN:978-4-7887-1514-1

ジャンル
  • 経済・経営・ビジネス
書籍紹介

銀座の一流クラブは、 ビジネス・ノウハウの宝庫だ!

早稲田大学在学中に女子大生ママとなり、
銀座に4店舗を経営する銀座カリスマ・ママが
すべてを打ち明ける!
情報収集、業務提携、人材探し、顧客紹介・・・
銀座のクラブは「第二秘書室」だ。


☆☆売れっ子ホステスの「女子力」はビジネスに使える! ! ☆☆

・生き残るためには昼間の地道な営業努力
・1,000人の客の顔とデータを記憶
・2万通の年賀状を出す
・「来て」と決して客に言わない
・幹(常連)から枝(新規)を増やす。一本の枝の取りこぼしもしない
・対価を求めない「おもてなし」と、対価をきっちり求める「サービス」
・海外から空港に着いた途端、「お帰りなさい」のメール
・客の予測を一歩超えたサービスで心をつかむ
・エスカレートした男性の感情は断ち切らない、コントロールして常連に


【本書について】
「人の心のつかみ方」「本物のおもてなしとは」
「女子力の鍛え方」「粋と野暮」「男の品格」
について、豊富なエピソードで語る。

銀座のママとして20年間、多くの人々と出会い、
ときには叱られ、ときには励まされ……。

著者だからこそ聞きだせたエグゼクティブの流儀とは! ?

Chapter1 銀座のクラブは「第二秘書室」
Chapter2 「女子力」と営業
Chapter3 ビジネスとしてのクラブ経営
Chapter4 エグゼクティブの流儀

この本を購入するには

WEBからのご購入は下記のストアをご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 楽天ブックス
  • 時事通信出版局

※上記ストアでは取り扱いのない場合がございます。その場合は「時事通信出版局」ボタンから弊社に直接お問い合わせ・お申込ください。

  • 官公庁・自治体・法人のお客様

著者情報

白坂 亜紀

大分県竹田市生まれ。早稲田大学第一文学部入学後、日本橋の老舗クラブにて勤務、女子大生ママとなる。96年、銀座にクラブ二店舗を開店。2007年、GSK(一般社団法人銀座社交料飲協会)理事、10年、GSK銀座緑化部長となり銀座屋上での農作業などに取り組む。11年、京都造形芸術大学東京学舎において「銀座のママに学ぶ、人間力、女子力、ビジネス力」のテーマで講座を持つ。12年、「銀座の秘密―なぜこのクラブのママたちは、超一流であり続けるのか」(中央公論新社)を出版。13年、志高い女性の会「銀座なでしこ会」発足、銀座から日本文化を発信する。15年、銀座料理飲食業組合連合会理事、大分県竹田市東京事務所長、16年、銀座ミツバチプロジェクト理事に就任。