家庭の医学
医学博士 トップページ お知らせ 最新医療情報 医療機関情報 医療関連サイト 健康図書 デジタル健康コンテンツ 時事通信出版局
トップページ最新医療情報 > 手作り酵素
手作り酵素
かんたん『手作り酵素』で、毎日を健やかに。
近年、発酵食品の持つ様々な働きが明らかにされ、注目を浴びています。
日本の伝統的な発酵食品である味噌や醤油・ぬか漬けなど、酵素を豊富に含んだ食事を摂ることで、昔の日本人は腸内細菌のバランスを整え、健康状態を保つために役立てていました。それに対し現在は、加工食品や冷凍食品・合成調味料などの摂取量が増え、酵素を十分に補えない食生活になっていることが懸念されています。
群馬県高崎市で郷土料理屋「貴美庵」を営む安田さんは、「旬の野菜や野草を使った『手作り酵素』で、健康な家庭を増やしたいとの思いから、作り方の指導を定期的におこなっています。
健やかな毎日を過ごすためにも、ぜひ日々の食生活に気をつけるとともに、『手作り酵素』で良質の酵素を補いましょう。
なぜ「酵素」が必要なの?
酵素は体内の栄養分を保持し、エネルギーを生成する働きをしてくれます。また、消化を助け、異物を排泄させます。それによって血液の循環が良くなり、体温も上がります。このように酵素は私たち人間の体に欠かせない存在なのです。
しかし、体内でつくられる酵素の数は限られており、年齢とともに減っていくため、日々の食生活で補う必要があります。そこで活躍してくれるのが『手作り酵素』です。作り方は簡単で、作る過程で熱を加えることもないため、細胞や微生物が生きたまま大量に含まれています。その中でもミトコンドリアの働きがとても重要になります。
生命エネルギーの発電所「ミトコンドリア」が豊富!
ミトコンドリアは、ほとんど全ての生物の細胞の中で酸素呼吸をして糖をエネルギーに変える器官で、これが無ければ私たちは動くこともできません。しかし、ミトコンドリアは熱に弱く、45℃以上の温度で死んでしまいます。現代の食事は熱を加えるものがほとんどですから、ミトコンドリアが死滅してしまっています。
それに対し、『手作り酵素』は熱を加えないため、ミトコンドリアが生きたまま残っています。このように『手作り酵素』には砂糖を燃焼させるミトコンドリアが多く含まれているため、大量の砂糖を使っても体の害になることはありません。
『手作り酵素』で酵素不足を補いましょう!
酵素は、旬の野菜や味噌や漬物など、毎日の食事で摂るのが理想的ですが、『手作り酵素』は不足しがちなこれらの食品に含まれる酵素を補ってくれるものです。
加熱殺菌する必要がないので、生きたままの酵素を体に取り込むことができます。
とっても簡単!手作り酵素の作り方

とっても簡単!手作り酵素の作り方
・旬の野草や野菜
・白砂糖
・発酵助成剤
材料を用意
その土地の、季節の新鮮な植物を選びます。
写真挿入:DSCN1312、DSCN1316、DSCN1317
春…ヨモギ・タンポポ・ウド・イタドリ・コンフリ・フキ・クローバー・ニンジン草・ニリンソウ・柏の新葉・琵琶の葉・笹の新芽・タラの芽など
6月頃…梅、あんず、びわなど
秋…イモ類(ジャガイモ・サツマイモ・里芋)・ニンジン・大根・白菜・キャベツ・ブドウ・柿・トウモロコシ・リンゴ・ナシ・カボチャ・シイタケ・ビート・コクワ・山ブドウ・豆・穀類など
水洗い
写真挿入:DSCN1320材料を水で洗い汚れを落とし(虫やホコリを洗い流す程度でかまいません。) 500〜1000倍で薄めた酵素水で再度、野菜を洗い水気をよく切ります。
材料を切る
写真挿入:DSCN1318、DSCN1319、DSCN1322、DSCN1323、DSCN1325、DSCN1332、DSCN1331

写真挿入:DSCN1318、DSCN1319、DSCN1322、DSCN1323、DSCN1325、DSCN1332、DSCN1331材料を1〜2cmくらいの大きさに切ります。皮や種は取らずにそのままお使いください。

計量
3の材料が10kgになるように計量します。
仕込み
写真挿入:DSCN1328、DSCN1327
材料10kgに発酵助成剤と砂糖11kgを加え、よく混ぜ合わせます。
仕込み完了
ゴミやホコリが入らないように軽くフタをし、常温(22〜23℃)で薄暗い場所に静置しておきます。
発酵熟成
5〜7日間発酵熟成させます。
毎日1回、素手でかき混ぜます(手に傷がある場合はゴム手袋をしてください)。 エキス取り出し
ザルでエキスをこします。押しつぶすなど、力を加えないでください。
仕上げにガーゼやサラシなどでこすと、澄んだエキスができます。
容器に詰めて完成
1〜2リットル位の容器に詰めて、冷暗所で保管。
発酵は続いているため、容器の蓋はキッチンペーパを輪ゴムで止めて酵素が呼吸出来る状態にして保存する。
常温で保存の場合、発酵が進み味が少しづつ変化する場合があるので気になる方は冷蔵庫で保管して下さい。
冷蔵庫での保管の場合は蓋をきっちりと締めます。

手作り酵素の上手な使い方

お水で割って、酵素ジュースにお水で割って、酵素ジュースに

痛いところに原液を塗って、湿布代わりに痛いところに原液を塗って、湿布代わりに

原液を水で溶いて、植物の肥料に原液を水で溶いて、植物の肥料に

お風呂に入れて、からだポカポカ酵素風呂お風呂に入れて、からだポカポカ酵素風呂
【取材協力】
「おきりこみ 貴美庵」
HP:http://www.kimian.info/kouso.html
TEL:027-371-2650
(2010.5.12)
▲ページトップ