家庭の医学
医学博士 トップページ お知らせ 最新医療情報 医療機関情報 医療関連サイト 健康図書 デジタル健康コンテンツ 時事通信出版局
トップページ最新医療情報 > 予防接種を受ける前に〜正しい知識を得てから、接種を判断しましょう〜
気圧調整健康法と低体温

予防接種を受ける前に〜正しい知識を得てから、接種を判断しましょう〜

感染症や重い病気にかかるリスクを軽減するためにおこなわれる予防接種。原因となるウイルスや細菌から作ったワクチンを接種することによって、病気に対する抵抗力をつけ、感染を予防することが目的とされています。
現在の日本でも、インフルエンザワクチンをはじめ、様々な種類の予防接種が行われています。特に、大人よりも抵抗力の弱い子どもの健康を守るために、生後間もなくから計画的に接種することが奨励されています。
そこで今回は、現在日本で行われている予防接種についての情報をお伝えします。

定期予防接種と任意予防接種
定期予防接種の種類
予防接種の種類 ワクチンの種類 予防する病気
BCG 生ワクチン 結核
3種混合(DPT)ワクチン 不活化ワクチン ジフテリア・百日ぜき・破傷風
MRワクチン 生ワクチン 麻疹(はしか)・風疹(ふうしん)
ポリオ(急性灰白髄炎) 生ワクチン 脊髄性小児まひ
日本脳炎 不活化ワクチン 日本脳炎ウイルスによる脳炎
任意予防接種の種類
予防接種の種類 ワクチンの種類 予防する病気
おたふくかぜ
(流行性耳下腺炎)
生ワクチン おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
水ぼうそう(水痘)
ワクチン
生ワクチン 水ぼうそう(水痘)
Hib・ヒブワクチン
(インフルエンザ菌b型ワクチン)
不活化ワクチン Hib髄膜炎(細菌性髄膜炎)
B型肝炎ワクチン 不活化ワクチン B型肝炎
肺炎球菌ワクチン 不活化ワクチン 肺炎や全身性感染症
インフルエンザワクチン 不活化ワクチン インフルエンザ

定期予防接種とは
予防接種法に基づいて市町村が実施する予防接種です。
一定の年齢になったら受けることが望ましいとされ、保護者には努力義務が課せられています。接種年齢や回数・間隔が決められており、自治体から公費助成が行われ、多くの自治体では無償で接種できます。
万が一健康被害が生じた場合には、予防接種法による救済措置にもとづいた救済が受けられます。

任意予防接種とは
保護者が接種するかどうかを選択できる予防接種です。
希望する人が各自、病院などに行って接種します。費用は全額自己負担となります。
任意予防接種を受けたことにより健康被害が生じた場合には、医薬品副作用被害救済基金法による救済制度があります。
生ワクチンと不活化ワクチン
定期予防接種の種類 生ワクチン
生きた細菌やウイルスの毒性を弱めてつくられるワクチンです。
接種後、体内で毒性を弱めた細菌やウイルスの増殖がはじまり、発熱や発疹などの症状がでることがあります。それによって、その病気にかかった場合と同じように抵抗力(免疫)ができます。十分な抵抗力(免疫)ができるのには約1ヶ月が必要です。
他のワクチンを接種する場合は、27日以上間隔をあけなければなりません。

不活化ワクチン
細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、抵抗力(免疫)ができるのに必要な成分を取り出してつくられるワクチンです。
生ワクチンのように体内で細菌やウイルスが増殖しないため、1回の接種だけでは抵抗力(免疫)が得られず、数回の接種が必要となります。一定の間隔で2回から3回接種し、最小限必要な抵抗力(免疫)ができたあと、約一年後に追加接種をすることで十分な抵抗力(免疫)が得られます。
時間の経過とともに少しずつ抵抗力(免疫)が減ってしまうため、抵抗力(免疫)を保つためには、ワクチンの性質に応じて一定の間隔で追加接種が必要です。
他のワクチンを接種する場合は、6日以上間隔をあけなければなりません。
定期予防接種
BCG
ワクチンの種類 生ワクチン
牛型結核菌を弱毒化してつくられます。接種方法はスタンプ方式で、上腕の2ヶ所に押し付けて接種します。
予防する病気 結核(結核性髄膜炎・肺結核)
結核菌によって感染する病気です。生まれたばかりの赤ちゃんも感染する可能性があります。3〜4 歳以下、特に1歳未満は重症化しやすいのが特徴です。
対象年齢 生後6ヶ月未満
推奨接種時期 生後3ヶ月〜6ヶ月未満
接種回数 1回
副反応 コッホ現象
接種後10日以内に針跡が発赤や腫脹、化膿などを起こしたら、接種前から結核に感染していた可能性があります。ワクチン接種をした医療機関で、できるだけ早く診察を受けてください。

三種混合(DPT)ワクチン
ワクチンの種類 不活化ワクチン
ジフテリア、破傷風トキソイド(毒素を無毒化したもの)と百日ぜきワクチンを混ぜ合わせてつくられます。
予防する病気 ジフテリア・百日ぜき・破傷風
  • ジフテリア
    ジフテリア菌がノドなどについて炎症をおこす感染症です。高熱やノドの痛み、せきや嘔吐などの症状があり、重症にいたる場合もあります。また、心筋炎や神経のまひなどを起こすことがあります。
  • 百日ぜき
    百日ぜき菌が気管支粘膜などの気道粘膜に感染することによって、幼少児にかかる急性呼吸器系伝染病です。くしゃみや鼻水、せきなどのかぜ症状から始まって、徐々にせきだけが目立つようになり、けいれん性のせき発作が長期間続きます。家庭内では、非常に高い確率で二次感染する、感染力の高い病気です。
  • 破傷風
    土の中にいる破傷風菌が傷口から人の体内に入ることによって感染します。肩こりや舌のもつれ、顔がゆがむなどの初期症状から、開口障害や全身筋肉のけいれんなどの神経症状に発展することもあります。潜伏期間は3〜21日で、ヒトからヒトへの感染はありません。
対象年齢 第1期…3ヶ月〜7歳6ヶ月(90ヶ月)未満
第2期…11歳〜13歳未満
推奨接種時期 第1期初回接種…3ヶ月〜1歳
第2期…11歳
接種回数(間隔) 第1期初回接種…3回(20〜56日間隔で3回接種)
第1期追加接種…1回(第1期初回終了後の1〜1年半の間)
第2期……………1回 DT(ジフテリア、破傷風の2種混合)の接種
副反応 針跡の発赤、痛み、腫れ、しこりなどがあります。いずれも一過性で、数日で消えることがほとんどです。発熱や、腫れ・痛みなどが続く場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

MRワクチン(麻疹(はしか)、風疹(ふうしん)の混合ワクチン)
ワクチンの種類 生ワクチン
麻疹(はしか)及び風疹(ふうしん)ウイルスを弱毒化してつくられます。
予防する病気 麻疹(はしか)・風疹(ふうしん)
  • 麻疹(はしか)
    伝染力が非常に強い麻疹ウイルスの感染によって起こります。38〜39度の発熱のあと、一次的に下降したのちに再び高熱(39℃前後)となり、前額部や耳後部から発疹が出始め全身へと広がります。合併症が起こらなければ10日前後で回復します。
  • 風疹(ふうしん)
    風しんウイルスの感染によって、急性の発熱と発しんを起こす病気です。「三日はしか」とも呼ばれます。発疹、リンパ節腫脹、発熱など、はしかに似た症状が出ます。感染力が強く、症状が出ないままほかの人にうつす可能性もあります。
対象年齢・時期 第1期 1歳〜2歳未満
第2期 小学校入学前の1年間
(5歳〜7歳未満で小学校入学1年前の4月1日から入学の年の3月31日まで)
第3期 中学1年生に相当する年齢の1年間(4月1日〜3月31日まで)(※1)
第4期 高校3年生に相当する年齢の1年間(4月1日〜3月31日まで)(※1)
(※1)第3期と第4期は2013年3月31日までの適用
接種回数 各期1回
副反応 接種後2週間以内に発熱や発疹がでる場合があります。まれに、けいれんや脳炎が起こることも報告されています。ひどいせきや嘔吐、けいれん、荒い呼吸、意識がはっきりしないなどの症状が出た場合はすぐに医師の診察を受けてください。

ポリオ(急性灰白髄炎)ワクチン
ワクチンの種類 生ワクチン
ポリオウイルスを弱毒化してつくられている経口の生ワクチンです。注射の不活化ポリオワクチンは、日本ではまだ承認されていません。
予防する病気 小児まひ
ポリオウイルスによる感染症で、発熱や嘔吐、まひなどが発症します。主な症状としては、運動発達の遅れ、異常な運動と姿勢、関節が硬くなるなどがあります。現在では、ポリオによる小児まひは日本ではほとんど発生していませんが、世界の一部の地域ではいまだに流行が起こっています。
対象年齢 3カ月〜7歳6ヶ月未満
推奨接種時期 3ヶ月〜1歳6ヶ月
接種回数(間隔) 2回(1回目の接種から6週間以上あける)
副反応 まれに下痢や発熱、嘔吐などの症状が出る場合があります。また数百万人に1人という低い頻度でまひが起こることがあります。

日本脳炎ワクチン
ワクチンの種類 不活化ワクチン
日本脳炎ウイルスを不活化して精製、凍結乾燥させています。乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンと呼ばれます。
予防する病気 日本脳炎
日本脳炎ウイルスによる感染症で、豚の体内で増殖したウイルスが蚊を介して感染します。ヒトからヒトへの感染はありません。
感染しても症状が軽い場合がほとんどで、100〜1000人に1人の割合で髄膜炎や脳炎、脊髄炎を発病します。
対象年齢 第1期 生後6ヶ月〜7歳6ヶ月未満
第2期 9歳〜13際未満
推奨接種時期 第1期 初回 3歳以上が望ましい
第1期 追加 4歳
第2期  9歳
接種回数(間隔) 第1期 初回 2回(6〜28日までの間隔で接種)
第1期 追加 1回(1期初回終了後からおおむね1年後)
第2期 1回
副反応 接種後24〜48時間以内に、発熱や接種部位が赤く腫れたりすることがあります。過去に使用された旧タイプの日本脳炎ワクチン接種後に重症例がおこったとして、2005年5月から積極的な推奨が差し控えられていましたが、2010年4月から新ワクチンによる接種が再開されています。
任意予防接種
おたふくかぜワクチン
ワクチンの種類 生ワクチン
ムンプスウイルスを弱毒化してつくられた生ワクチンです。
予防する病気 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
おたふくかぜウイルス(ムンプスウイルス)の飛沫感染によっておこる病気です。耳の後ろにある耳下腺が腫れて、発熱や頭痛、咽頭痛などの症状が出ます。成人が感染すると、まれに膵臓炎や卵巣炎、睾丸炎などの合併症を起こすことがあります。
対象年齢・時期 1歳以上
接種回数 1回
接種間隔 接種の翌日から27日以上
副反応 接種2〜3週間後に発熱や耳下腺の腫れ、せき、鼻水などの症状が出ることがありますが、通常は数日以内におさまります。ごくまれにワクチンが原因と疑われる無菌性髄膜炎を起こすことがありますが、症状は軽く、後遺症を残すこともほとんどないといわれています。

水ぼうそうワクチン(水痘ワクチン)
ワクチンの種類 生ワクチン
水痘ウイルスを弱毒化してつくられた生ワクチンです。
予防する病気 水ぼうそう(水痘)
水痘・帯状疱疹ウイルスの感染による皮膚感染症です。感染してから症状が現れるまで約2週間の潜伏期間があります。発症すると全身に広がった発疹が水を持った水泡となり、非常に強いかゆみをともないます。感染者と接触があった場合、接触後3日(72時間)以内にワクチンを緊急接種することにより、感染の予防や症状の軽減が期待できるとされています。
水痘・帯状疱疹ウイルスは、治ったあともからだの中に居座り、大人になって免疫力が低下した時に帯状疱疹として再発することがあります。
対象年齢・時期 1歳以上
接種回数 1回
接種間隔 接種の翌日から27日以上
副反応 健康な小児では、重大な副反応の報告はありません。まれに、接種後1〜3週間して発熱や発疹がでることがありますが、一過性で数日中にはおさまります。

ヒブワクチン(Hibワクチン、インフルエンザ菌b型ワクチン)
ワクチンの種類 不活化ワクチン
インフルエンザ菌b型の抗原に、免疫がつきやすくなるようにつくられた不活化ワクチンです。日本では、2008年12月から任意での接種が可能になりました。
予防する病気 ヒブ髄膜炎(インフルエンザ菌b型・Hibによる細菌性髄膜炎)
脳や脊髄を包んでいる髄膜に細菌が感染して起こる病気です。
細菌性髄膜炎や中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、髄膜炎、敗血症、肺炎などの重い全身感染症を起こします。
乳幼児の細菌性髄膜炎の半分以上は、ヒブが原因といわれています。
対象年齢・
接種回数(間隔)
予防接種を開始する年齢によって接種回数が異なります。
  • 開始年齢…2ヶ月〜7ヶ月未満:計4回
    初回接種…3回(27〜56日間隔)
    追加接種…1回(初回終了の1年後)
  • 開始年齢…7ヶ月〜1歳未満:計3回
    初回接種…2回(27〜56日間隔)
    追加接種…1回(初回終了の1年後)
  • 開始年齢…1歳〜5歳未満:1回
副反応 接種部位の赤みや腫れ、しこりのほか、発熱の症状がでる場合もありますが、通常は一時的なもので、数日以内におさまります。

B型肝炎ワクチン
ワクチンの種類 不活化ワクチン【HBIG(B型肝炎免疫グロブリン)+B型肝炎ワクチン】
B型肝炎に対する抗体を含んだHBIG(B型肝炎免疫グロブリン)とB型肝炎ワクチンを使用します。
予防する病気 B型肝炎
B型肝炎ウイルスによっておきる病気で、血液や体液を介して感染します。母親がB型肝炎ウイルスに感染していた場合、出産時に赤ちゃんが感染するおそれがあるため、生後すぐの接種が推奨されています。発症すると黄疸などの症状がでて、慢性化すると全身の倦怠感や疲労感、食欲不振などの症状が現れます。母親がHBs抗原陽性の場合は健康保険が適用され、キャリアでない場合は自己負担となります。
対象年齢 0歳〜(生後すぐ〜)
接種回数 3回
接種間隔 初回接種 生後2ヶ月
2回目接種 生後3ヶ月
3回目接種 生後5ヶ月
副反応 まれに、接種部位の赤みや腫れ、倦怠感、頭痛などがありますが、通常は一時的なもので、数日以内におさまります。

小児用肺炎球菌ワクチン
ワクチンの種類 不活化ワクチン
肺炎球菌による、小児の重症感染症を予防する目的で製造された不活化ワクチンです。
予防する病気 肺炎球菌による感染症(細菌性髄膜炎、重症肺炎、菌血症など)
乳幼児の細菌性髄膜炎の原因となる細菌として、Hib(ヒブ)の次に多いのが肺炎球菌です。
飛沫感染によっておこる病気で、感染すると発熱や頭痛、悪寒、嘔吐、下痢などの症状がみられます。
肺炎球菌による細菌性髄膜炎は進行が早いため、発見や治療が遅れると重症化しやすいのが特徴です。
2009年に小児用肺炎球菌ワクチンが厚生労働省に承認されました。
対象年齢・接種回数(間隔) 予防接種を開始する年齢によって接種回数が異なります。
  • 開始年齢…2ヶ月〜7ヶ月未満:計4回
    初回接種…3回(27日以上の間隔をあけて3回接種)
    追加接種…1回(3回目接種から60日以上の間隔を
    あけて、生後12ヶ月〜15ヶ月のときに1回接種)
  • 開始年齢…7ヶ月〜1歳未満:計3回
    初回接種…2回(27日以上の間隔をあけて2回接種)
    追加接種…1回(2回目接種から60日以上の間隔を
    あけて、生後12ヶ月のときに1回接種)
  • 開始年齢…1歳〜2歳未満:計2回(60日以上の間隔をあけて2回接種)
  • 開始年齢…2歳〜9歳以下:1回
副反応 発熱や、接種部位の赤み、腫れ、発疹などがみられます。まれに、ショックやアナフィラキシー様反応(呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴う重いアレルギー反応)などの重い副反応も報告されています。接種後30分以内は特に注意深い観察が必要です。

インフルエンザワクチン
ワクチンの種類 不活化ワクチン
インフルエンザにはA型(ソ連型、香港型)、B型などさまざまな種類があります。毎年少しずつ変異するウイルスに合わせて、流行しそうな型を予測してつくられています。
予防する病気 季節性インフルエンザ
非常に感染力が強い季節性インフルエンザによる重篤な合併症を予防することが目的です。1〜5日の潜伏期の後、38度以上の発熱や倦怠感等の全身症状がでます。
少しずつ変異しながら流行を繰り返すインフルエンザウイルスに対応するために、毎年の予防接種が必要となります。接種後2週間から約3〜5カ月間は予防効果が持続するといわれています。
対象年齢 生後6ヶ月〜全年齢
接種回数(間隔) 乳幼児や子供は2回の接種が必要です(1〜4週間隔で2回接種)。
副反応 接種部位の赤みや腫れ、発疹などのほか、発熱や悪寒、倦怠感等がありますが、通常は数日でおさまります。ワクチンの精製過程で卵を使用しているため、まれに神経系の重篤な健康障害を生じ、後遺症が残る症例の報告があります。
予防接種の副反応
予防接種は、さまざまなウイルスからからだを守る働きが期待できる反面、受けることで体調が悪くなることがあります。
ワクチンには、発症の原因となるウイルスや細菌などを利用して製造されたものがあるため、種類によっては発熱や下痢を起こし、あるいは接種部位が腫れたり、しこりができることもあります。また、ワクチンの原料や不純物が原因の、一種のアレルギー反応のようなものも報告されています。
私たち大人が子どもたちを守るために大切なことは、予防接種に関する正しい情報を知り、接種することのメリットとデメリットを把握したうえで受けるか受けないかを判断することです。
予防接種健康被害者 認定者数
(平成20年末現在)
給付区分 医療費 障害児養育年金 障害年金 死亡一時金 合計
ワクチン 医療手当 1級 2級 1級 2級 3級 葬祭料
 
痘そう 42       120 53 25 198 34 274
D 1         1   1   2
P         1 1 1 3 1 4
DT 35               1 36
DP 3       15 9 1 25 6 34
DPT 159 5 2 7 15 14 4 33 15 214
ポリオ 30 1 12 13 19 29 40 88 7 138
麻しん 103 4 2 6 12 3   15 14 138
MMR 1,030 0 1 1 3 2 1 6 3 1,040
風しん 60               2 62
インフルエンザ(臨時) 94       9 6 5 20 18 132
(定期) 9                 9
日本脳炎 125 5 4 9 9 10 6 25 5 164
ワイル病                    
腸チフス・パラチフス                 1 1
BCG 418         1 1 2 1 421
コレラ                    
合計 2,112 15 21 36 203 129 84 416 108 2,672
  • ※1…死亡一時金・葬祭料に係る死亡を認定した者であり、かつ、他の給付区分に係る疾病・障害を認定した者は、死亡一時金・葬祭料欄にのみ計上。
  • ※2…障害年金に係る障害の認定をした生存者であり、かつ、他の給付区分に係る疾病・障害をした者は、障害年金欄にのみ計上。
  • ※3…障害児養育年金に係る障害を認定した18歳未満の生存者であり、かつ、医療費・医療手当に係る疾病を認定した者は、障害児養育年金欄にのみ計上。
受ける前に、ここをチェック!
  1. 当日の体調は?
    朝から子どもの体調をよく観察して、普段と変わったところがないかを確認してください。体調が悪いと思ったら、延期しましょう。
  2. 予防接種について予備知識を
    通知やパンフレットをよく読んで、予防接種の必要性や副反応についてよく理解しましょう。わからないことや不安な点は、接種を受ける前に医師に確認してください。
  3. 予診票にしっかり記入
    予診票はお子さんが予防接種を受けてよいかどうかを医師が判断するための大切な情報源です。母子健康手帳を確認しながら、正確に、責任をもって記入しましょう。
【参考】
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp
(2012.2.24)
▲ページトップ