家庭の医学
医学博士 トップページ お知らせ 最新医療情報 医療機関情報 医療関連サイト 健康図書 デジタル健康コンテンツ 時事通信出版局
トップページ最新医療情報 > 医療ニュース速報バックナンバー
医療ニュース速報
台南でデング熱が猛威、511人が感染(台湾南部)
台南でデング熱が猛威台湾のニュースサイト「中国台湾網」などが伝えたところによると、台湾南部でデング熱が流行している。
台南市政府の最新の調査では、2007年10月13日までに市内で511人の感染者が確認されたほか、隣接する高雄市でも2つの区で集団感染が発生しており、感染の広がりは過去最大規模となっている。
高雄市では来週、スポーツ競技大会が予定されており、選手団の感染を防ぐため、競技会場と選手村周辺地域を警戒重点区域に指定した。市職員のほか、軍も動員し、デング熱ウイルスを媒介する蚊の撲滅作戦を展開する方針だ。
(C)Record China

【デング熱】
デングウイルスを病原微生物とするウイルス性出血熱の一種。ウイルス性出血熱のなかでは比較的予後が良好な疾患で、自然治癒の傾向が強く、致命率はきわめて低い。おもに東南アジア、ベンガル湾沿岸、アラビア海、紅海沿岸などにみられるため、東南アジアを旅行する際などには注意が必要。熱帯シマカ(縞蚊)、ヒトスジシマカが媒介動物。
出典)時事通信社『家庭の医学』
(2007.10.17)

鳥インフルエンザ最新情報(2006年6月13日・中国広東省)
鳥インフルエンザ最新情報2006年6月13日、中国広東省・深セン衛生局は、市内に住む男性(31)が鳥インフルエンザに感染した疑いがあることを発表した。
男性は、同月3日にせき、発熱などの症状が出始め、10日に深セン市人民病院呼吸器科に入院し、大葉性肺炎と呼吸不全と診断された。しかしその後検査で、男性から鳥インフルエンザウイルス(A/H5N1型)の陽性反応が出たことが判明、広東省衛生庁では、高病原性鳥インフルエンザの疑いあることを国家衛生部に報告し、最終的な判断を仰いでいる。
現在のところ、男性が発病の2週間ほど前に竜崗区安良野菜市場で購入した鶏が感染源とみられている。この時、男性を含めた家族5人で同じ鶏を食べたとされるが、家族には症状はでていないという。
深セン市衛生局では、「家畜と接することを控えること、肉類には必ず熱を通して食べること、一人一人が衛生管理にも気を配ること」といった注意を市民へ呼びかけている。
【レコードチャイナ・最新ニュース】
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=1019
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=1014
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=1043
(2006.6.16)
▲ページトップ