家庭の医学
医学博士 トップページ お知らせ 最新医療情報 医療機関情報 医療関連サイト 健康図書 デジタル健康コンテンツ 時事通信出版局
トップページ最新医療情報 > 新型インフルエンザ・全国的流行へ
新型インフルエンザ・全国的流行へ
プロ野球選手、芸能人などの新型インフルエンザ感染が話題となっているなか、厚生労働省は、8月21日、「新型インフルエンザ(A型H1N1)が全国的に本格的流行シーズンに入った」と発表しました。国立感染症研究所が全国の約5000箇所の医療施設で、毎週実施しているインフルエンザの定点観測では、7月以降毎週、感染者が増加し、8月10日から16日までの1週間で1施設あたり1・69人となり、本格的な流行入りを判断する基準となる1人を上回りました。1980年代からスタートした同調査で、夏にインフルエンザが流行するのは、初めてのことで、同研究所では、この週だけで、全国で約11万人が感染したと推計しています。また、沖縄や名古屋市などで、死者も報告されています。新型インフルエンザに感染した児童がインフルエンザ脳症のため、集中治療室で治療を受けているという報告も、日を追うごとに増えています。厚生労働省では、学校が始まる9月以降、さらに感染が広まるとして注意を喚起しています。WHO(世界保健機関)が21日に発表した勧告などと合わせて、新型インフルエンザ最新情報を紹介しましょう。
全国の流行状況・沖縄が最も流行
全国的流行と判断された8月10日から16日の定点観測調査で、1週間に報告された患者数は7750人です。都道府県別にみると、最初に死者を報告した沖縄県が29.60人と最も数値が高く、1医療施設に、29、60人が診療を受けたことになります。
続いて、奈良県2,96人、滋賀県2,48人、福島県2.45人、東京都2,14人、大阪府2,14人、茨城県2,11人、高知県2,10人、埼玉県1,91人、長野県1,83人で、26都道府県1医療施設あたり一人を超えています。
国立感染症研究所調べ(8月10〜16日・約4800の定点医療施設で1施設あたりの受診者数)
沖縄県 29.60 奈良県 2.96 滋賀県 2.48 福島県 2.45
東京都 2.14 大阪府 2.14 茨城県 2.11 高知県 2.10
埼玉県 1,91 長野県 1.83 京都府 1.77 愛知県 1.63
岐阜県 1.62 香川県 1.61 鹿児島県 1.49 長崎県 1.46
千葉県 1.43 青森県 1.35 栃木県 1.22 岩手県 1.20
兵庫県 1.19 宮崎県 1.15 徳島県 1.11 福井県 1.03
秋田県 0.95 愛媛県 0.93 佐賀県 0.87 静岡県 0.86
群馬県 0.83 福岡県 0.83 三重県 0.83 石川県 0.81
新潟県 0.79 鳥取県 0.79 山形県 0.65 山梨県 0.56
急速に重症化!早めの診療を!
新型インフルエンザに感染し、死亡した人の症例をみると、慢性疾患がある人、高齢者で、季節性インフルエンザと同様に慢性疾患、高齢、低年齢、妊娠などが重症化するリスクが高いことがわかります。重症化したケースでは、急速に重症化したという症例が多数で、簡易検査ではマイナスだったにもかかわらず、瞬く間に重症化したという報告も相次いでいます。
児童の場合、呼吸困難の症状が見られ、人工呼吸器をつけて治療をしていると症例も全国から報告されています。
幼児にとって、最も怖いインフルエンザ脳症が疑われ、集中治療室で治療している幼児の症例の増加も危惧されています。厚生労働省によると、本格的な流行を公表した21日までに、4歳から14歳まで6人が脳症インフルエンザと診断されたとしています。インフルエンザ脳症は5歳以下の幼児に多発するといわれ、インフルエンザに罹患したときに発病する最も重い合併症です。約25%に後遺症が残り、最悪の場合は、死亡するケースもあります。初期症状としては、高熱、けいれんや意識障害、意味不明の言動などで進行が早いのも特徴です。厚生労働省では、こうした症状が現れたときには、早めに診療を受けるよう指導しています。また、解熱剤は症状を悪化させるので、素人判断はせずに、まずは、医療機関に行くことを呼びかけています。
8月21日、WHO(世界保健機構)はホームページで、各国の症例などから治療方針についての勧告を公表しました。これによると、「糖尿病、心臓病、肺疾患、ぜんそくなどの病気をもつ人、妊娠などのハイリスクの患者は、インフルエンザと診断される前でも薬を投与することが大事」としています。その一方、「弱毒性であることから、感染してもほとんどの人は重症化しないことから軽い症状の患者には、必ずしも抗ウイルス薬を投与する必要はない」としています。
ワクチンの優先順位は、9月中に決定
全国的流行が宣言された21日以降、集団感染の報告が増え続けています。最も、予防効果が期待されるワクチン接種がスタートするのは10月からです。厚生労働省の試算では、最大で5300万人のワクチンが必要ですが、国内の製薬メーカーで12月末までに製造できるのは、1400万人から1700万人分と予測されています。厚生労働省では、海外からの輸入も検討していますが、専門家らを召集して、数に限りがあるワクチンをどのような人に優先するかなどを決める意見交換会を開きました。会議では、「慢性疾患を持つ人などハイリスクの人を優先すべき」という意見が多数を占めました。医療関係者への優先を求める意見も根強く、さらに会議を重ねて、9月中には、ワクチン接種の優先順位を決定します。専門家のなかには、ハイリスクの人のワクチン接種の優先とともに、拡大を防ぐための年代層へのワクチン接種の優先を提唱する人もいます。また、地球規模での流行を考慮して、国レベルではなく、最もワクチンを必要とする地域へのワクチンやタミフル・リレンザといった薬の優先投与が、最終的には、新型インフルエンザの拡大を防ぐことに有効だという見解を提唱する専門家もいます。
いずれにしろ、まずは、各自が自衛することが大切です。
厚生労働省では、有効な予防策は、今まで提唱してきた「手洗いとうがい」を徹底することとしています。手洗いは、石鹸をつけて最低でも15秒かけて、指の間や手首まで、丁寧に洗うことが大事です。洗ったあとは、清潔なタオルや使い捨てのペーパータオルで水気をふき取ります。手洗いは、外出後だけではなく、可能な限り、頻回に行います。ことに、手で覆って咳きをしたあとや、家族に感染者が出た場合などは、マメに手を洗いましょう。飛まつ感染を避けるために、感染しないためにも、感染が疑われる人は他の人に感染させないためにもマスクをしましょう。全国的な流行が宣言され、感染が広がりをみせている間は、必要のない外出も避けます。バランスの取れた食事をとり、十分に休養をとることなど、免疫力をアップさせるための規則正しい生活も大事です。室内の湿度を50〜60%程度に保つと感染しにくくなります。
新型インフルエンザとは?
<手洗い前の準備>
◆爪は短く切っていますか?
◆時計や指輪をはずしていますか?
<汚れが残りやすいところ>
◆指先
◆指の間
◆親指の周り
◆手首
◆手のしわ
石鹸を泡立て、以下の手順で洗いましょう。
(1)石鹸を泡立て、手のひらをよくこする (2)手の甲をのばすようにこする
(3)指先・ツメの間を念入りにこする (4)指の間を洗う
(5)親指と手のひらをねじり洗いする (6)手首も忘れずに洗う
石鹸を洗い流し、清潔なタオルで拭き取って乾かす
(新型インフルエンザ)東京都感染症情報センター・ホームページより
早期診断、早期治療が重症化を防いでくれます。症状や予防などについての不明点は、各自治体が設置する相談窓口や、住まい近くの保健所などに問い合わせましょう。
(2009.8.31)
【参考】
厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp
国立感染症研究所感染症情報センター http://idsc.nih.go.jp
東京都感染症情報センター(新型インフルエンザ)http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/swine-flu/index.html
▲ページトップ