家庭の医学
医学博士 トップページ お知らせ 最新医療情報 医療機関情報 医療関連サイト 健康図書 デジタル健康コンテンツ 時事通信出版局
トップページ最新医療情報 > 薬の販売方法が変わります──改正薬事法
薬の販売方法が変わります──改正薬事法
私たちが家庭に備えている一般の医薬品は、いざというときに大変心強いものです。しかし、薬効を得る代わりに、その安全性にも注意が必要です。改正薬事法が平成21年6月1日より施行され、一般用医薬品(大衆薬)の販売方法が変わりました。これに伴い、厚生労働省では一般の方へ安心な購入方法、及び使用方法を呼び掛けています。
医薬品の分類、および販売方法の変更
私たちが通常薬局・薬店で購入することの多い大衆薬(一般用医薬品)は、リスクの程度によって分類して販売するようになります。このリスク分類は現段階における改正薬事法に基づき、「今後、新たな知見、使用に係る情報の集積により見直しが行われます」(厚生労働省パンフレット『大衆薬(一般用医薬品)の販売方法が変わります。』)が、以下の3つに分類されます。
医薬品のリスク分類
A リスクが特に高いもの 一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全性上特に注意を要する成分を含むもの。文書による情報提供を義務付けています。 <対応する専門家>
薬剤師
B リスクが比較的高いもの まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。風邪薬や、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛鎮けい薬等がこれにあたります。 <対応する専門家>
薬剤師または
登録販売者※
C リスクが比較的低いもの 日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。
※登録販売者:今回の改正薬事法で定められた、各都道府県において資質確認のための試験に合格し、登録を受けた専門家。
これまで薬局・薬店で購入してきた大衆薬の店舗においては、棚がえをされているものもあることでしょう。くわしくは店頭で確認しながら、また、専門家に相談しましょう。
薬の正しい使い方…かかりつけ薬局・薬店・薬剤師のススメ
私たちが病気にかかり、病院や診療所で医師の診断を受けると、処方箋を渡されます。この時、医師から受ける処方箋を、いつも同じ薬局へ持っていくこと=かかりつけの薬局をみつけましょうと厚生労働省でも勧めています。たとえば、複数の医療機関にかかった場合でも、薬の重複をさけ、飲み合わせ(相互作用)を確認しながら薬の処方をしてもらうことができます。
また、期限があるものの、調剤をする薬局においては、過去に処方した薬が記録されています。万が一、体に合わない薬があった場合にも、その旨薬剤師に伝えれば、最適な薬を処方してもらえます。
さらに、大衆薬(一般用医薬品)を購入する場合でも、同じ薬局・薬店を利用することによって、同様のメリットがあります。休日や夜間のいざという時の対応や、持ち帰りが困難な薬の配達、また、体の不自由な方への薬や介護用品についてのアドバイスも受けることができます。
厚生労働省では、可能であれば、相談しやすい薬剤師がいる薬局を見つけておくことをススメています。また、自治体では、薬局を検索できる情報提供をおこなっているところもあります。参考になさってみてはいかがでしょう。

各都道府県の薬局機能情報提供システムについて
都道府県名 薬局機能情報提供システム
北海道 北海道医療機能情報システム
青森県 あおもり医療情報ネットワーク
岩手県 いわて医療情報ネットワーク
宮城県 ミヤギ薬局けんさく
秋田県 あきた医療情報ガイド
山形県 山形県医療機関情報ネットワーク
福島県 福島県総合医療情報システム
新潟県 にいがた医療情報ネット
茨城県 茨城県救急医療情報システム
栃木県 とちぎ医療情報ネット
群馬県 群馬県医療・薬局機能情報提供システム
埼玉県 埼玉県 医療機能情報提供システム
千葉県 ちば救急医療ネット
東京都 東京都医療機関案内サービス ひまわり
t-薬局いんふぉ
神奈川県 かながわ医療情報検索サービス
山梨県 やまなし医療ネット
静岡県 医療ネット しずおか
長野県 ながの医療情報Net
富山県 とやま医療情報ガイド
石川県 石川県医療・薬局機能情報提供システム
福井県 医療情報ネットふくい
岐阜県 ぎふ医療施設ポータル
愛知県 あいち医療情報ネット
三重県 薬局案内みえ
滋賀県 滋賀県医療機能情報システム
京都府 京都健康医療よろずネット
大阪府 大阪府医療機関情報システム
OPA 保険薬局検索システム
兵庫県 兵庫県医療機関情報システム
奈良県 なら医療情報ネット
和歌山県 和歌山県薬局機能情報提供システム
鳥取県 鳥取県福祉施設等情報公表サービス
島根県 島根県医療機能情報システム
岡山県 岡山県医療機能情報提供システム
広島県 救急医療Net HIROSHIMA
山口県 yakkyoku-info
徳島県 医療とくしま(作成中)
香川県 香川県 薬局機能情報
愛媛県 えひめ医療情報ネット
高知県 こうち医療ネット
福岡県 福岡県薬局情報ネット
佐賀県 99さがネット
佐賀県薬剤師会・薬局機能公開システム
長崎県 長崎県 GOOD SITE
熊本県 熊本県医療機能情報検索システム
大分県 おおいた医療情報ほっとネット
宮崎県 みやざき医療ナビ
鹿児島県 かごしま医療情報ネット
沖縄県 沖縄県うちなぁ医療ネット
薬の記録のススメ
「おくすり手帳」をご存知ですか?処方箋をもらったら、保険薬局で「おくすり手帳」をもらえます。手帳自体は無料です。この手帳に、処方された薬の種類(名称)、服用量、服用回数を記録(薬歴)しておくことで、複数の医師から診断を受ける際、薬の重複、また、飲み合わせの問題も避けることができます。特に、かかりつけの薬局がない方には大変助けになるものです。
この手帳には、市販の薬を購入した際にも同様に記録をつけていきます。診断を受ける際、また、薬を処方してもらう際に、医師または薬剤師に提出します。薬剤師に記入してもらうと有料(健康保険の負担割合によって異なる)となりますが、処方される際に薬の名前等が書かれた説明書を渡された場合にはそのまま貼れば良いのです。
もちろん、「おくすり手帳」は既成のものでなくても構いません。ノートを一冊用意するのもよいでしょう。
「おくすり手帳」でも手製のノートでも、服用した薬の記録を取ることをお勧めします。
「医薬品副作用被害救済制度」の紹介…独立行政法人窓口あり
万が一、薬の服用中に異常を感じるなどの症状がある場合、すぐに服用を中止して、薬剤師や医師の診察を受けるようにしましょう。この際にも「おくすり手帳」などが役にたつ場合もあります。どんな薬を、どれぐらいの量、どのくらいの期間使用したのか、どのような症状がでたのかを伝える必要があります。
そして、医薬品を正しく使用しても、重篤な副作用が生じた場合には、独立行政法人・医薬品医療機器総合機構法に基づく公的制度「医薬品副作用被害者救済制度」により、救済給付が行われることがあります。制度のしくみに依りますが、医療費・医療手当・障害年金・遺族年金などの救済給付を受けられる場合があります。詳しくは下記、相談窓口へお問い合わせください。
副作用とはご自分の体調、体質、環境などからも起こりうるものです。お薬を服用する際にはその処方を行う薬剤師等に説明し、相談にのってもらうことがとても大切なことなのです。
【参考】
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/
厚生労働省 / おくすりe(イー)情報
http://www-bm.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/okusuri/
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 経済制度相談窓口
100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル10F
TEL:0120-149-931(フリーダイヤル)
(2009.7.6)
▲ページトップ