2020.05.13

採用試験関連

大分県 令和3年度採用試験の実施要項を発表【5/13更新】

大分県教育委員会は、5月7日に令和3年度大分県公立学校教員採用選考試験(令和2年度実施)についての実施要項を発表した。
1次試験は7月12日(日)、2次試験は8月6日(木)〜12日(水)、3次試験は9月19日(土)〜23日(水)􏳄􏰌􏰣􏰅􏳌􏰢􏳅􏰖􏰤􏲓􏳣􏲙􏰓􏰔􏳄􏰌􏰣􏰅􏳌􏰢􏳎􏰟􏰤􏲓􏴓􏲙􏰛􏰪􏲓􏴔􏴕􏲙􏰊􏴖􏴗􏰕􏴘􏴕􏰜􏲊􏰤に行われる。
出願期間は5月11日(月)9時から6月8日(月)17時15分までで、今年度から原則としてインターネット(大分県電子申請システム)による出願となる。
一般選考による採用予定者数は小学校200人、小中連携15人、中学校115人、高校65人、特別支援学校44人、養護教諭27人、栄養教諭6人で、前年度比では特別支援学校で7人減となっているが、募集教科の増えた小中連携で10人増となったほか、中学校9人、高校10人、養護11人、栄養3人とそれぞれ増加している。
今年度試験からの主な変更点として、一般選考における年齢制限を満50歳以下から満59歳以下(昭和36年4月2日以降に生まれた者)とするほか、小学校の実技で英語・音楽を廃止し、英語のみの実施となる。また、全試験区分で実技試験を2次試験で実施するほか、3次試験では集団討論と個人面接を一体化した方法で実施する。

なお、開催を予定していた「実施要項説明会」は新型コロナウイルス感染拡大を受け、大分以外での会場開催(東京、大阪、福岡)が中止となり、大分会場は開催日と会場を変更して開催予定としている(5月30日(土)に、大分県庁舎新館14階大会議室にて開催予定)。
【5/13更新】5月30日に開催予定だった「実施要項説明会」は中止となった。




大分県教育委員会・令和3年度大分県公立学校教員採用選考試験(令和2年度実施)
https://www.pref.oita.jp/site/kyoiku/20200116.html