2020.06.15

採用試験関連

兵庫県 令和3年度採用試験の応募状況と1次試験の変更点を公表

兵庫県教育委員会は、6月11日、令和3年度兵庫県公立学校教員採用候補者選考試験の応募状況及び1次選考試験の変更点について発表した。
今年度志願者の総数は5,848名となり、昨年度の5,626名から123名増えたが、募集人員が前年度の905名から965名に増えたため、全体の平均倍率は6.1倍となり、前年度の6.2倍から0.1ポイント下回っている。

受験区分別の応募者数では小学校が1,985名(前年度1,862名)で前年度より19名減、中学校が1,444名(前年度1,415名)で前年度より22名増、高校が1,605名(前年度1,589名)で前年度より24名減、特別支援学校が347名(前年度304名)で前年度より12名増、養護教諭が364名(前年度349名)で前年度より4名増、栄養教諭が103名(前年度107名)で前年度より3名減となっている。
また、受験区分別の倍率は小学校が5.0倍(前年度5.2倍)、中学校が5.0倍(前年度5.2倍)、高校が9.4倍(前年度9.3倍)、特別支援学校が5.8倍(前年度6.1倍)、養護教諭が10.4倍(前年度8.7倍)、栄養教諭が10.3(前年度7.1倍)となっており、募集人員の増えた校種で倍率が下がったのに対し、募集人員が減少した校種はいずれも倍率が前年度を上回った。

応募状況の発表と合わせて、1次試験の変更点も発表され、集団面接については受験者5人程度、時間も約15分として実施する(当初予定は受験者8人程度、時間は約20分で設定)。また、試験会場も筆記試験では当初予定の6会場から8会場に、集団面接では当初予定の5会場から6会場にそれぞれ拡大する。


兵庫県教育委員会・令和3年度兵庫県公立学校教員採用候補者選考試験の出願期間の延長について