北海道・札幌市

Webサイト 北海道教育委員会
札幌市教育委員会
願書受付 郵送 2021年4月21日 ~ 5月14日(書類提出のみ)
ネット 2021年4月21日 ~ 5月14日(受験申込みのみ)
年齢制限 1962(昭和37)年4月2日以降に生まれた者
募集教科 【小】
【中】国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術,家庭,英語
【高】国語, 地理歴史(日本史・世界史・地理),公民(倫理・政治経済),数学,理科(物理・化学・生物・地学),音楽,保健体育,家庭,情報,農業(生産・環境),工業(機械・電気〈電子を含む〉・建築・土木・工業化学),商業,英語,看護,水産,福祉
【特・小】
【特・中】国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術,家庭,英語
【特・高】国語, 地理歴史(日本史・世界史・地理),公民(倫理・政治経済),数学,理科(物理・化学・生物・地学),音楽,保健体育,家庭,情報,農業(生産),工業(機械・電気〈電子を含む〉),商業,英語,福祉
【特・自立活動】
【養】
【栄】
日程 1次 試験日 2021年6月27日
合格発表 2021年7月30日
2次 試験日 2021年8月28日 ~ 29日
合格発表 2021年10月25日
3次 試験日 2021年10月25日(北海道の期限付教員等特別選考受験者のみ)
合格発表 2021年12月27日
内容 1次 教職・一般教養 60分
専門教養 60分 ※特支は40分
2次 個人面接 個別面接Ⅰ、個別面接Ⅱ
実技 小学校(体育, 音楽,英語)中高(音楽,保健体育, 英語)
論作文 60分・800字(社会人特別選考のみ実施)
指導法検査
適性検査
3次 学習指導案作成検査
変更点 【北海道変更分】
①出願について,WebによるWebエントリーと願書等書類の郵送の2つの手続きが必要となる。なお,出願方法をWebエントリーとしたため,これまで行っていた配布場所への願書の設置や願書郵送の受付は今年度からは行わない
②1次試験において,東京会場を新たに設置する
②採用学部区分に新たに「特別支援学校教諭 幼稚部」を追加。また,受験教科には「高校工業(工業化学)」と「高校福祉」「特別支援学校高等部 福祉」を追加する。なお,「特別支援学校高等部 美術」は廃止となる
③資格による免除措置として,新たに「高校水産」受験者のうち海技士免許取得者に対して,専門教養(専門検査⑴)を免除する
④小学校教諭及び特別支援学校教諭小学部における理科・数学免許取得者と,ICT活用指導力に関する資格取得者に対して,新たに加点措置を実施
⑤障がい者特別選考における受検資格について,これまでの身体障がい者に加えて,知的障がい者,精神障がい者にも拡大
⑥2次試験で実施していた体育実技を中止する
⑦願書記載内容に,刑罰・懲戒処分歴(処分理由)の記入欄を追加 ⑧前年度まで別途実施していた「期限付教員等を対象とした特別選考」について,本選考検査の特別選考として位置付け,3次試験として実施する(学習指導案作成検査を実施)。期限付教員等特別選考は単願での受験のほか(1次試験が免除され,2次試験〈要件により実技が免除される場合あり〉と3次試験を受験),受験資格が該当していれば一般選考,特別選考(現職教員特別選考を除く)との併願が可能で,2次試験の結果で採用候補者名簿に登載されない場合に3次試験として受験する
【札幌市変更分】
①札幌市立学校の臨時教員として,過去3年間(平成30〈2018〉年4月1日〜令和3〈2021〉年3月31日)に通算24月以上の勤務実績を有する者を対象に,臨時教員特別選考を新たに実施し,1次試験の教養検査を免除する。※常勤の臨時教員(臨時的任用教員・期限付教員・代替教員)としての勤務実績が対象となり,非常勤講師等としての勤務実績は対象とはならない
②障がい者特別選考の対象となる障がい種を拡大(精神・知的を追加)するとともに,一般選考及び他の特別選考と別枠での選考とする(※全ての校種・教科が対象)
③中学校教諭の受検区分を「中学校・高等学校教諭」とする。当該区分の登録者は,中学校のほか,本人の希望や所有免許の状況等により,高等学校に配属される。 ※中学校教諭免許状のみでも受検できるが,高等学校教諭免許状のみでは受検できない。また,専門検査⑴及び教科等指導法検査については中学校区分の問題となる。 なお,「高等学校教諭区分」については,従来と同様に北海道教育委員会との共同登録となるため,出願時に北海道採希望,札幌市採用希望の区別はできない
④教科に関する専門的な知識技能や経験を有する人材を幅広く確保するため,「北海道教育委員会」で授与する特別免許状の所有者についても,中学校・高等学校教諭区分の受検対象とする
⑤小学校教諭及び特別支援学校教諭(小学部)区分における第2次検査の音楽実技(ピアノ演奏)廃止
⑥特別支援学校教諭(高等部)の受検区分を廃止し,「特別支援学校教諭(中学部・高等部)」に一本化する。この区分での登録者は,中学校の特別支援学級や特別支援学校の中学部のほか,本人の希望や所有免許の状況等により,特別支援学校の高等部に配属される。 ※特別支援学校教諭免許状と中学校教諭免許状があれば受検可能だが,特別支援学校教諭免許状と高等学校教諭免許状のみでは受検できない。また,専門検査⑴及び教科等指導法検査については中学校区分の問題となる
⑦特別支援学校教諭(中学部・高等部)における第2次検査の実技(体育・音楽・英語)廃止
⑧全ての受検区分において,独立行政法人情報処理推進機構主催の情報処理技術者試験(基本情報技術者)等の合格者について,申請により,第1次検査の総合点に10点を加点する。また,「小学校教諭区分」において,中学校又は高等学校の数学又は理科の免許所有者については,申請により,第1次検査の総合点に10点を加点する