宮城県

Webサイト 宮城県教育委員会
願書受付 インターネット 2020年4月20日 ~ 5月15日 ※原則としてインターネットによる電子申請
年齢制限 1961(昭和36)年4月2日以降に生まれた者
募集教科 【小】(地域枠,特別支援学校枠,英語枠含む)
【中】(特別支援学校枠含む)国語,社会,数学,理科,技術,英語
【中・高】(特別支援学校枠含む)保健体育,音楽,美術,家庭
【高】(特別支援学校枠含む)国語,地理歴史(日本史,世界史,地理),公民,数学,理科(物理,化学,生物,地学),農業,工業(機械,電気・電子,工業化学,建築),商業,水産(航海系),看護,情報,福祉,英語
【養】
【栄】(栄養教諭A,栄養教諭B)
日程 1次 試験日 2020年7月18日
※適性検査は7月18日〜24日までの間にWebで受検
合格発表 2020年8月19日
2次 試験日 2020年9月3日 ~ 5日,10日 ~ 13日
合格発表 2020年10月23日
内容 1次 教職・一般教養 60分
専門教養 60分
適性検査 30分 Web受検
2次 個人面接 個人面接Ⅰ,個人面接Ⅱ
集団討議
実技 中学校(音楽,美術,家庭,保健体育,英語)高校(音楽,美術,家庭,保健体育,英語,福祉)
変更点 ①小学校の実技試験を廃止
②宮城県元職特別選考の実施。宮城県の公立学校で本務教員として36月以上の勤務経験があり,出願時点で退職後10年以内の者が対象。1次試験の筆記試験(専門,教養)を免除(適性検査は受検が必要)
③他県等現職者特別選考の実施。宮城県以外の自治体において,出願時に学校教育法第1条に定められた学校の校長,副校長,教頭,主幹教諭,指導教諭,教諭,養護教諭,栄養教諭として継続して24月以上勤務している者について,1次試験の筆記試験(専門,教養)を免除(適性検査は受検が必要)
④現在実施している「教職経験者特別選考」の要件を緩和し,該当者の枠を拡大する
⑤高等学校「地理歴史」出願者で「公民」の普通教員免許取得あるいは取得見込みの者,または「公民」出願者で「地理歴史」の普通教員免許状の取得,あるいは取得見込みの者に,1次試験に5点を加点する
⑥10月下旬の名簿登載者発表にて「Cランク」となった受験者を対象として,教員需給上名簿登載者の追加が必要となった場合,追加合格にできる制度を導入(追加合格の通知は令和3年1月末日までとなる)
⑦新型コロナウイルス対策として,適性検査をWeb受検に切り替える